[人工関節って何?]トップページ
サイトマップ 問い合わせ Legal Notice インターネット・プライバシー・ポリシー 個人情報保護に関する事項 ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニー
股関節
合併症について

人工股関節の手術後には、次のような合併症が起こる可能性があります。


(1) 深部静脈血栓症(DVT)と肺塞栓症(PE)
血栓とは血管の中にできる血のかたまりです。人工関節の手術の術中もしくは術後に、深部静脈に血栓が生じる深部静脈血栓症(DVT)が起こる場合があります。血栓が生じると、脚のむくみや痛みなどが起こります。また、この血栓が静脈壁から遊離して肺動脈に詰まる場合があり、これは肺塞栓症(PE)と呼ばれ生命に関わることもあります。肺塞栓症の発生率は約0.7%といわれています。

(2) 神経麻痺
人工関節の手術を行うと、まれに神経麻痺が起こる場合があります。神経麻痺の発生率は人工股関節手術をした人の0.6〜3.4%に起こるといわれており、めったに起こらない合併症ですが、足の一部の感覚が失われたり、痛みがでたりして、筋力の回復に時間がかかってしまうため深刻な問題です。しかし、多くの症例では徐々に回復し、術後1年程度で正常にまで回復すると言われています。

(3) 感染症
人工関節の手術では、細菌感染が起こることがあります。感染には早期感染と晩期感染があり、早期感染は主に手術時の感染が原因と考えられています。これに対し、手術後3ヶ月以上たっておこる晩期感染は、早期感染に比べ頻度は低いですが、体調をひどく崩したとき(エイズ、ガン、肝機能障害、糖尿病の悪化)などに起こることがあります。感染は抗生物質などで治療できますが、深刻なときは人工関節の抜去が必要となる場合があります。感染の起こる確率は0.3〜3%といわれています。

(4) 骨折
人工関節を設置する際の骨折には、手術中に起こる骨折と手術をした後に起こる骨折の2種類があります。手術をした後に起こる骨折は、通常転倒や事故などの衝撃により起きる場合が多く、骨折の頻度は約1%程度であると考えられています。骨折後の治療法は経過観察や再手術などそれぞれの症例に適した方法が選択されます。

(5) 脱臼
人工股関節を入れたあと、もっとも起こりやすい合併症が脱臼です。健康な股関節は周辺の筋肉によって守られているため、めったに脱臼しませんが手術のあとで周辺の筋肉が弱っているときには、脱臼が起こりやすくなります。手術後に脱臼の起こる頻度は0.5〜6%程度といわれています。
脱臼は患者様が気をつけることにより、防止することが可能です。切開した場所により注意点が異なります。


前の方を切開した場合
次のような場合に脱臼の危険性が高くなりますので、十分な注意が必要です。
  • 寝ているときに、手術した足を上に交差させる
  • 手術した足と反対側のものを取ろうとして手を伸ばす
  • 低い椅子から立ち上がる
  • 足を組むことも避けた方が良いでしょう。

後ろの方を切開した場合
股関節を内転・内旋位にしたとき(下図)に脱臼の危険性が最も高くなりますので、人工股関節の手術後はこの姿勢をとらないように気をつけることが大切です。

股関節を内転・内旋位にしたイラスト



  このページは人工股関節専門医による監修を受けています。
  ただし掲載されている情報はすべてではなく、症例は患者様一人ひとり違いますので、
  詳しくは信頼できる担当医に相談されることをおすすめします。

(c) Johnson & Johnson K.K. 本サイトは日本国内向けに制作しております