[人工関節って何?]トップページ
サイトマップ 問い合わせ Legal Notice インターネット・プライバシー・ポリシー 個人情報保護に関する事項 ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニー
膝関節
はじめに

膝が痛くて整形外科医を受診したら、「人工膝関節置換術」という手術をすすめられたことはありませんか・・・

人工膝関節置換術は、変形性膝関節症や関節リウマチなどによって膝関節が破壊されて痛みのために歩くことが困難になった患者様に対して行われる手術です。関節の破壊された部分を切除して、金属(コバルトクロム合金やチタン合金)と超高分子ポリエチレンでできている人工の関節を埋め込みます。ちょうど歯がすべてダメになり、ものが噛めなくなったときに入れ歯にして再び何でも噛めるようにしますが、人工膝関節は関節の総入れ歯のようなものです。

手術の最大の目的は、痛みなく歩けるようにすることです。また脚の変形(O脚など)を直すのも重要な目的の一つです。痛みがなくなれば家に閉じこもりがちだった人も自分の足で痛くなく歩けるので、友人を訪ねたり買い物や旅行に出かけることができるようになり、健康で快適な生活が取り戻せます。

この手術法は1950年代に臨床で実際に行われ始めました。最初は手術成績が安定しませんでした。しかしその後人工関節の形態や材質が著しく改良され、さらに手術技術が進歩したので今では手術成績は極めて安定し、安心して受けられる日常的な手術になりました。

日本では、2004年1年間に約4万例の人工膝関節の手術が行われました。高齢化と手術法の普及により、手術件数は年々増加しています。 人工膝関節の先進国アメリカでは、この手術はさらに一般的であり、毎年20万例以上の手術が行われています。


  このページは人工膝関節専門医による監修を受けています。
  ただし掲載されている情報はすべてではなく、症例は患者様一人ひとり違いますので、
  詳しくは信頼できる担当医に相談されることをおすすめします。


(c) Johnson & Johnson K.K. 本サイトは日本国内向けに制作しております